Home > 業界の話 > 業界☆話 其の弐 「COLORs -complex-」

業界☆話 其の弐 「COLORs -complex-」

CMYKに対する固執。

RGBより鮮やかでないCMYK。
それでも、印刷はCMYK。
印刷屋はずっとこの世界で生きてきました。

しかし、近年その考え方も変わりつつあります。
それには幾つかの要因があります。

その要因の1つが、オンデマンド印刷や
インクジェットプリンタの進化です。

刷版を必要としないプリンタの場合、
RGBデータをCMYKに変換する必要がありません。
「品質・コスト・見当性・安定性・スピード」
それら全ての面で「安く・良く・早く」進化した
プリンタによって、RGBのまま、彩度を落とさずに
出力することができるようになりました。
写真やPhotoshopデータのようにRGBが基本のものは、
プリンタで出力する場合、
RGBのまま出力する方が仕上がりが鮮やかでキレイです。
CMYKに固執し、わざわざ変換する必要は全くありません。
(RGBが強制的にCMYKへ分解されないように
 プリント時の設定を確認してください。)

  ただ、ここで1つ注意が必要です。
  後に、印刷をする必要(予定)がある場合は、
  いずれCMYKに変換しないといけません。
  その際、プリンタで出力したものと同じ色を
  印刷で出すことはほぼ不可能です。
  データ自体をRGBからCMYKに変換した際、
  調整をしたとしても、ある程度の誤差は生じてしまいます。
  それに加え、インクジェットの場合、
  最近は7色、8色のインクを使っていますので、
  印刷の4色(CMYK)では表現できないのです。

プリンタの進化の他に、
印刷屋に意識変化をもたらした要因があるとすれば、
7色印刷(スーパーファインカラー)です。
簡単に言ってしまうと、CMYK+RGBの7色印刷です。
普通のカラー印刷より、当然高価になりますが、
用途によっては、今までにはない結果が得られるでしょう。

しかし、7色印刷は、大変です。
印刷機が高い。7色分解をするRIPが必要。
FMスクリーン印刷が必須。管理が大変。
とにかく、大変です。

だからこそ、付加価値が生まれるのでしょう。
自分が提供できる付加価値をどれだけ見出せるか。
それが問題です。

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.yb-p.com/mt4/mt-tb.cgi/16
Listed below are links to weblogs that reference
業界☆話 其の弐 「COLORs -complex-」 from 起業家BLOG Linked & Connected

Home > 業界の話 > 業界☆話 其の弐 「COLORs -complex-」

Search
Feeds

Return to page top